top of page
  • odawaraetsuko1

おやつ作り

更新日:5月1日

2024/4/29

友人の未希さんが週末に子どもとしているおやつ作りについて

話してくれました.

未希さんのお話から,一緒におやつ作りをすることが

母娘にとってどんなに大切なことかわかります.

今日は,未希さんの話をしたいと思います.

次回は,娘たちとのおやつ作りのもっと広い見方をお伝えします.


おやつ作り

 



 

 

 

 

 

 

 

 








お母さんとおやつ作りをする未希の

子どもたち

 

未希は30代女性,娘が二人,4歳の美優と1歳千恵がいる,常勤の作業療法士です.

平日は8時から5時まで勤務,土日が休みです.

未希は平日の朝は5時頃に起き,子どもを起こし,食事をさせて,

保育園に連れて行き,8時から5時まで仕事をし,子どもを保育園に

迎えに行き,食事,片付け,入浴,明日の準備,子どもを寝かしつます.

こなさねばならないルーチンで一日が過ぎていきます.

子どもたちも平日のルーチン生活を我慢しています.


週末は,ゆっくり過ごし,親子で遊ぶ時間をとるようにこころがけています.

4歳美優は公園で楽しめますが,1歳の千恵は退屈します.

二人が楽しめるように,一緒におやつ作りをすることにしました.

未希は子どものときから,母と姉と一緒に料理をしてきました.

今も料理をするのが大好きで,自分の娘たちにも将来は作って食べる

楽しさを知ってほしいと思っています.

おやつ作りが,美優の料理のきっかけになることを期待しています.

1歳の千恵はこねたり切ったりはできないけど,未希の大切な場所(キッチン)で

一緒に楽しんでほしいと思っています.

未希と子どもたちは一緒に楽しみたいが,平日は一緒に遊ぶ時間はありません.

未希は仕事のために子どもたちと一緒にいられないことに罪悪感があります.

おやつ作りでは自由に楽しんでほしいのです.

美優にはクッキーでもポップコーンでも,作りたいものを選ばせます.

一緒に丸いクッキーを作り始め,美優が花のようなクッキーを作って

未希に見せた時,未希は「わー,すごいね.」と褒めました.

おやつを作った後で,美優が「今日はクッキー作ったね.」

というと,未希は自分の愛情が子どもに伝わったと感じ満足します.

未希は母親との楽しい遊びは,子どものよい思い出となり,

母親のイメージを作っていくと考えています.

母親がスマホや本に熱中している隣で子どもが一人で遊ぶのとは

全く違う活動になると考えています.

 

週末に子どもたちとの時間を優先すると,未希の自由な時間はなくなります.

しかし,未希にとって,今は子どもの健やかな成長のために子どもとの

時間を優先すべき時期で,

自分の時間はもっと後になってからとれると考えています.

Comments


bottom of page