top of page
  • odawaraetsuko1

サッカーをするという作業

2024/3/11



前回は由紀さんのサッカーの話「サッカー一直線」を書きました.

今日は皆さんと作業の見方で,このサッカーという作業を分析したいと思います.

サッカーという作業の見方を,お伝えしたいと思います.


状況から始め,

作業の三つの側面,つまり,作業の形態,

作業の機能,                     

作業の意味から見ていきたいと思います.

この作業のビッグピクチャーを見るために,

由紀がサッカーをしているところを想像してみましょう.


サッカーという作業

由紀がサッカーを続けながら,環境からの挑戦に立ち向かい,

良い状態になるため(適応するため)に選択してきたかを見ましょう.


1番目の挑戦は高校の進路決定です.

由紀は優秀なサッカー選手になるために,地元から離れた強豪校に進学し,

サッカーを続けました.

2番目の挑戦は職業選択です.

サッカーは続けたいが,プロのサッカー選手の可能性はないので,

自立して生活できる理学療法士を選択しました.

由紀は仕事には満足しましたが,

サッカーに打ち込む環境を得られずに後悔が残りました.

3番目の挑戦は,

社会人女子サッカーチームが創設されたことです.

由紀はサッカーで自分の力を発揮したかったので応募しました.

現在,社会人選手としてサッカーに打ち込み,充実した生活を送っています.


由紀にとって,サッカーは重要な意味のある作業です.

これまでの人生で,環境からの挑戦が来るたびに,

適応のために,どのようにサッカーに参加するか選択を迫られてきました.

由紀はその都度真剣に選択をしました.


1番目の挑戦では,優秀なサッカー選手になるために

高校でサッカーをすることを選択しました.

2番目の挑戦では,職業選択を優先しましたが,

サッカーに打ち込めずに後悔が残りました.

3番目の挑戦で,社会人女子サッカーチームに所属し,

自分にとって最高のチームを獲得し,サッカーができることに満足しています.


作業の形態:由紀は小学生のときから地元のサッカーチームで活躍してきました.

高校は,県外の女子サッカーの強豪校に進学し女子サッカー部で活躍しました.

将来自立するために,職業は理学療法士を選択し進学しましたが,

専門学校では,満足にプレーできませんでした.

現在は,理学療法士として常勤で働きながら,

社会人女子サッカーチームに選手として所属し,

週3回の合同練習,自主トレ,リーグ試合に参加しています.


作業の機能:サッカーは由紀のアイデンティティーをつくり上げてきました.

幼少期からサッカーを楽しみ,サッカーのために高校を選び,優秀な選手として活躍しました.

将来の仕事のため,一時期サッカーに打ち込めなかったときは苦しい思いをしました.

現在は,社会人女子サッカーチームに所属して,

存分にサッカーに打ち込める生活に満足しています.

サッカーは常に由紀とともにあり,人々ともサッカーを介してつながっています.

由紀は充実した人生,この生き方に満足しています.


作業の意味:サッカーは一貫して由紀の大事な作業です.

サッカーのない生活は考えられません.

サッカーを通して自分を表現し,人々と交流しています.

由紀にとって,生きるために,どのようにサッカーに参加するかが重要であり,

環境からの挑戦を受けて,適応するために(よい状態,wellbeingのために)

次に何をするかを選択してきました.


由紀が満足できるためには,力を十分に発揮してプレーする環境が重要です.

現在所属している社会人女子サッカーチームはよい状態をつくるために

そういう環境を提供しています.













Commenti


bottom of page