top of page
  • odawaraetsuko1

サッカー一直線

2024/3/4


知り合いの由紀さんから

サッカーの話を聞いたので,サッカーという作業について一緒に考えましょう.左の写真の青いユニフォームが由紀さんです. 

タイトルは話を聞き終わった時の私の感想から来ています.きょうは,由紀さんの話をかきます.次回は作業としてのサッカーを見ていきましょう.


サッカー一直線 ⚽⚽⚽⚽⚽


由紀は20代前半の女性,地方都市で理学療法士として働いています.

地方で育ち,小学3年から中学卒業まで地元の子どもサッカーチームに

所属していました.

うまくプレーできるのを喜んでいました.

由紀は小柄で,俊敏な動きが得意です.

ディフェンスでプレーしてきました.

女子サッカーで有名な県外の高校へ進学し優秀な選手になりました.

しかし,高校在学中に,将来プロのサッカー選手になる可能性はない

と考え,職業として理学療法士を選択し進学しました.


一方,由紀にはサッカーなしの人生は考えられませんでした.

高校3年の時にキャプテンを降ろされた時も,

仲間に励まされ部員として頑張り,キャプテンに復帰しました.

高校最後の試合がうまくいかなかったので,

どこかで挽回したいと思っていました.

専門学校では男子サッカー部の練習に参加し,

同等に扱われず自分の力を発揮できないこと,

試合にも参加できないことを悔しく思いました.


由紀は現在の理学療法士の仕事は大好きです.

社会人女子のサッカーチームに所属し,

週3回のチーム練習,自主トレ,試合に参加しています.

由紀にとって,今の社会人チームが最高の場所です.

チームメートと一緒にプレーして,

自分が思い描いたようにみんなでボールをつなげた時が

本当にうれしいのです.

チームメートはいい人たちで,友達もほとんどサッカーつながりです.

サッカーのことはよくしゃべるが他のことはあまり話さないと

よく言われます.

由紀は現在の生活に満足しています.

ずっとサッカーに関わっていたいと思っていますが,

いつかはできなくなることはわかっています.

将来トレーナーになってもいいが,まだ選手として参加していたい

というのが今の心境です.


תגובות


bottom of page